メタボリックシンドロームと肝臓の深い関係

40~74歳の男性の2人に1人は……

平成20年の国民健康・栄養調査によると、40~74歳の男性の2人に1人はメタボリックシンドロームが強く疑われる※1、もしくはメタボリックシンドロームの予備軍※2と考えられるといわれており、平成20年4月から、厚生労働省により健康保険組合にメタボリックシンドローム特定健康診査(以下、特定健診)の40歳以上への実施が義務化されました。

特定健診の検査項目は、右表のとおりです。

メタボリックシンドロームの検査項目なのに、肝機能検査があることに、気づかれたでしょうか。肝機能、肝臓といえば、お酒、アルコール……。それなのにどうして?そう思われたかもしれません。

※1 腹囲が男性85cm、女性90cm以上で、以下の3つの項目(血中脂質、血圧、血糖)のうち2つ以上の項目に該当する者。

※2 腹囲が男性85cm、女性90cm以上で、以下の3つの項目(血中脂質、血圧、血糖)のうち1つに該当する者。
[項目]
血中脂質:HDLコレステロール40mg/dL未満もしくは、コレステロールを下げる薬を服用している
血圧:130/85mmHg以上もしくは、血圧を下げる薬を服用している
血糖:ヘモグロビンA1c値5.5%以上もしくは、血糖を下げる薬を服用しているか、インスリン注射を使用している

健診検査項目(必須)の健診判定値
診察 質問(問診)
身長・体重・肥満度・標準体重
腹囲
理学的所見(身体診察)
血圧 収縮期
拡張期
脂質 中性脂肪
HDLコレステロール
LDLコレステロール
肝機能 AST(GOT)
ALT(GPT)
γ-GTP(γ-GT)
代謝系 空腹時血糖
HbA1c
尿糖(判定量)
尿・腎機能 尿蛋白(判定量)
メタボリックシンドロームなのに、肝機能検査?