わかる! 血液検査の意味

コリンエステラーゼ(ChE)

ポイント
基準値より低値の場合  肝機能低下の疑いがあります。
基準値より高値の場合  脂肪肝などの疑いがあります。
基準値:男性:234~493 IU/L 女性:200~452 IU/L
出典:三菱化学メディエンス(株)臨床検査検査項目解説

解説

<健常時>

コリンエステラーゼとは、肝細胞でのみつくられる酵素で、血液中へ放出され、からだ中に存在しています。
神経伝達物質の一種を分解する働きをします。

<異常時>

低値の場合
何らかの異常で肝機能が低下すると、肝臓のコリンエステラーゼをつくる能力が低下するため数値が下がります。
肝硬変が進行すると減少します。
高値の場合
脂質代謝にも関連するため、栄養過多による脂肪肝などでは多くつくられ、数値が上がります。

関連する主な疾患
(低値の場合)劇症肝炎|肝硬変
(高値の場合)脂肪肝